本文へスキップ

計測検査株式会社ホームページへようこそ!。

TEL. 093-642-8231

〒807-0821 北九州市八幡西区陣原1丁目8番3号

研究・開発research

走行型レーザー計測

○○○○○○○○イメージ

「走行型画像計測車 MIMM(ミーム)」

ミームは走行型レーザー計測と走行型画像計測を組み合わせた計測車両です。
調査は、車線規制をせず時速80Km/h程度で走行させ短時間で効率よく撮影を
行うことができます。

  交通規制のないトンネル点検車MIMM
  MIMM紹介PVへリンク(YouTube)



○○○○○○○○イメージ

「コンター図の作成」

走行型計測を行う事によって正確なトンネル形状データ(点群データ)を得るこ とができます。しかし、点群データそれ自体は単なる座標データでしかありま せんトンネルのわずかな状態の変化を検出するために点群を解析してコンター 図を作成します。このコンター図を分析する事によってトンネルの詳細な状態 を推 定することができます。

                    MIMMによって得られたデータ


無線センサモジュール

○○○○○○○○イメージ

「加速度センサ」

MEMS素子を使用し3方向の加速度測定が可能です。
測定はパソコン上で行い、数台の無線センサーを同時に起動させ測定することができます。定格容量及びサンプリング周波数についてはお客様の要望により変更が可能です。
長期測定はもちろん持ち周り、短期間の測定にも御利用できます。


入力:     3軸加速度センサ
定格容量:   ±9.8m/s2(標準品)
サンプリングHz:  任意
計測時間:    メモリー最大まで
無線周波数:   2.4GHz
電源:      リチュウ-ムイオン電池一本
サイズ      W100mm × D70mm × H40mm 


○○○○○○○○イメージ

「橋梁監視システム(異常時対応)」

予め監視しようとする橋脚や支承部にセンサを設置しておきます。
そして、センサ設置時を健全と見なし橋上を大型車両が通過する際に発生する振動を測定します。次に地震や洪水が発生した場合測定を開始し、健全時と被災時のデータを分析、比較し橋脚の被災程度や供用の有無を判断します。
システム構成は、加速度センサ・中継器・データ記憶装置を配置し、インターネット回線を利用しサーバーにデータを保存します。
(株式会社 HMB で販売)


バナースペース

計測検査株式会社

〒807-0821
北九州市八幡西区陣原1丁目8番3号

TEL 093-642-8231
FAX 093-641-2010